A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::open($save_path, $name) should either be compatible with SessionHandlerInterface::open(string $path, string $name): bool, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 132

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::close() should either be compatible with SessionHandlerInterface::close(): bool, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 292

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::read($session_id) should either be compatible with SessionHandlerInterface::read(string $id): string|false, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 166

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::write($session_id, $session_data) should either be compatible with SessionHandlerInterface::write(string $id, string $data): bool, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 235

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::destroy($session_id) should either be compatible with SessionHandlerInterface::destroy(string $id): bool, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 315

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::gc($maxlifetime) should either be compatible with SessionHandlerInterface::gc(int $max_lifetime): int|false, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 356

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

JMA HALAL

  ハラルとは

イスラム法(シャリーア)で許可されているものをハラルといいます。食べ物から生活のすべてに適用されます。ハラール認証は、食品、飲料、医薬品、ヘルスケア、化粧品、さらにはパッケージングなど、さまざまなカテゴリに適用できます。

イスラム教は、神(アッラー)の教えに従うことですから、ハラルでないものを食べてしまうことは、例え自分が望まなくても、神に従わなかったことになり、罪を犯すこととなります。人生の中でハラルはとても大事であり、ムスリム(イスラム教徒)の根本となっています。

豚肉もアルコールも人間の体に有害であるとコーランは教えています。ムスリムはハラルをより安全な生活を送る上での神からの教えとして捉えています。

ハラルとは、体にとって有害なものや、いらないものを省くことです。 など さまざまなところにハラルが適用されます。

  ハラームとは

イスラムのシャリア法にて、禁止されていることを指します。食べたり使ったりすると体に悪影響なため、避けねばならないとなっているものが含まれます。

非ハラル(ハラームなもの)

  • アルコール
  • 豚・豚の派生物・豚由来成分
  • 動物由来成分(豚も混じっていると思われるため)
  • 猪・犬・蛇・サル
  • 爪と牙を持つ動物(ライオン・トラ・クマなど)
  • 爪で獲物を狩る鳥(ワシ・ハゲワシ・フクロウなど)
  • ネズミ・ムカデ・サソリ等の害虫
  • シラミ・ハエ・ウジなど一般的に忌み嫌われるもの
  • 陸と水中両方に生息する生物(カエル・ワニなど)
  • 全ての有毒で危険な生物。
  • イスラム法で屠殺されていない牛や鶏。
  • ミュール・ロバ・シマウマ

ハラルに関する注意事項: 1~4:

一般的に、4つのことを知っておく必要があります。

  1. その食べ物には肉が含まれていないか?(豚肉、鶏肉、牛肉、油脂など)
  2. アルコールが含まれていないか?(酒、ワイン、酒精など)
  3. 動物由来の成分が含まれていないか?(マーガリン、コラーゲンなど
  4. 加工工程、調理、パッキング、運送、保管方法、売り場が適正であるか?

そのため詳しく確認をする必要があります。避けるべき食材は以下の通りです。

1- 動物の肉・エキス・脂が含まれている食べ物

ハラルとして食べることが出来る肉は鶏肉・牛肉・羊肉・山羊肉ですが、そうであってもイスラムの規則に従って屠畜しなかった場合にはハラルではなくなります(食べてはいけないものになる)のでご注意ください。

以下のものは必ずハラーム【禁止】となります。

  1. 豚肉
  2. ベーコン
  3. ラード 等

2- アルコールが含まれている食べ物

  1. ワイン
  2. みりん
  3. リキュール 等

醤油(アルコール含有のものが多いのでハラーム【禁止】ですがハラル認証の醤油で代用可能)
  酵母エキス(飲料として製造されたアルコール由来のもの、ビール酵母など)
  これらが含まれている食品はハラーム【禁止】になります。

3- 動物由来の成分が含まれている食べ物

  1. 乳化剤
  2. シ ョ ー ト ニ ン グ
  3. 脂・ラード
  4. ゼ ラ チ ン
  5. ゼ リー
  6. 油脂
  7. コラーゲンペプチド
  8. マ ー ガ リ ン 等

魚由来, 大豆 由来,ハラル牛由来のゼラチンは除く。
動物 性が含まれている食品はハラーム【禁止】になります。

4- 加工工程、調理、パッキング、運送、保管方法、売り場について

  1. 加工工程:禁止されている物(ハラーム)と一緒に加工を行っていないか。混ざったりしないか。
  2. 調理:ハラームと別の調理場であれば望ましいが、
    1. 一緒の台所であれば混ざらないようにパーティションで区別したり、まな板・包丁・皿や鍋もハラル専用に使用する。
    2. 工場製造ラインなどでは、(豚を使用すると絶対にダメですが)認証承認以外の製品も製造する際にはご相談ください。有効な消毒方法などを一緒に検討させていただきます。
  3. パッキング:パッキングの際に使用する材料もハラルの物を使用する。
  4. 運送方法:禁止されている物(豚など)と一緒に輸送されていないか。隣り合わせたり混ざったりしていないか
  5. 保管方法:冷凍冷蔵庫の中でも禁止されている物(特に豚)と隣り合わせたり近づいたりしていないか
  6. 売り場の区別:豚とは大きく離して展示販売されているか。禁止されている物(豚など)と判別しやすいか
上記の全てに注意を払って頂かないとハラルの物もハラルでは無くなってしまいます。

注意するべきこと:

脂・ラード

ラードとは料理用の豚脂肪。脂とは常温で固体の動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質。

  1. 豚脂 (必ずハラーム【禁止】となります)
  2. 牛脂 (ハラル牛から抽出したものだけハラル)
  3. 動物性油脂 (ハラル動物から抽出したものだけハラル)
  4. 加工油脂
  5. 混合油脂
  6. コンソメ
  7. コンソメパウダー等

脂・ラードが含まれている食品はハラーム【禁止】になります。
植物油,(植物由来)の場合はハラルとなります。
加工されている状態なので判断が難しい場合はご相談ください。

ゼラチン

ゼラチン とは動物の皮や骨から採ったにかわを精製したたんぱく質の一種。無色か薄黄色であり、熱湯にとけ、冷えれば固まる性質を持っている。
ゼラチンの種類:沢山ありますが使用可能なゼラチンもありますのでご相談ください。

  1. 豚ゼラチン(豚は絶対にハラーム【禁止】!)
  2. 牛ゼラチン(ハラル牛から抽出したものだけハラル)
  3. 牛由来加水分解コラーゲン(ハラル牛から抽出したものだけハラル)
  4. 鶏ゼラチン(ハラル鶏から抽出たものだけハラル)
  5. マリンコラーゲン(魚由来はハラル)
  6. 魚ゼラチン(魚由来はハラル)

基本的に動物性(動物由来)の場合はハラーム【禁止】となりますが、植物性(植物由来)の場合はハラルとなります。
ゼラチン(魚由来)乳化剤(大豆由来)、の記載があれば、ハラルとなります。
また成分や原料に非公開・非開示がある商品はハラーム【禁止】となります。

アルコール (アルコールを含むものは全て禁止です)

  1. 洋酒
  2. 酒精・酵母エキス 
  3. 味醂・みりん
  4. ラム酒
  5. ワイン
  6. ブランデー
  7. ウイスキー等

ケミカル由来のアルコール(飲用アルコールとして製造されたもの以外)使用であれば、製品になった際のアルコール濃度が0.5%以下であれば認められる事がありますのでご相談ください

ムスリムフレンドリー店について

ムスリムフレンドリーとは、日本においてハラル認証を取得してないが、独自にハラルに努力しているという状態を提示していることで広まりました。しかし、そのようなムスリムフレンドリー店は、ハラル認証がないため信頼性が低くなってしまい、シュバ(ハラルかハラームか判断できないもの)としてムスリムの多くが敬遠してしまう傾向があります。そのようなことが起きないため、JMAはムスリムフレンドリー店に対し無償でハラル認証をさせていただきます。

  • 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県に限ります。その他の地域では、往復分の交通実費・宿泊実費(必要な場合のみ)・検査費用がかかります。