A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::open($save_path, $name) should either be compatible with SessionHandlerInterface::open(string $path, string $name): bool, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 132

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::close() should either be compatible with SessionHandlerInterface::close(): bool, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 292

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::read($session_id) should either be compatible with SessionHandlerInterface::read(string $id): string|false, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 166

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::write($session_id, $session_data) should either be compatible with SessionHandlerInterface::write(string $id, string $data): bool, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 235

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::destroy($session_id) should either be compatible with SessionHandlerInterface::destroy(string $id): bool, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 315

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: 8192

Message: Return type of CI_Session_files_driver::gc($maxlifetime) should either be compatible with SessionHandlerInterface::gc(int $max_lifetime): int|false, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice

Filename: drivers/Session_files_driver.php

Line Number: 356

Backtrace:

File: /home/jmahalal/public_html/application/controllers/Jp.php
Line: 7
Function: __construct

File: /home/jmahalal/public_html/index.php
Line: 317
Function: require_once

JMA HALAL

認証手数料


  • 飲食店
    • レストラン・飲食店・ホテル・コンビニ・ファストフードに対し、認証を無償で提供
      東京、埼玉県、千葉県、神奈川県に限る。その他の場所では、往復分の交通実費・(必 要な場合)宿泊実費・検査費用がかかります。

  • 食品サプライヤー
    • JMAのハラル認証は利益を追及することが目的ではありません。私たちは、低コストで 日本全国にハラルを広めることを目標としています。
      ハラルやイスラムに興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。

  • その他
    • 食肉処理(肉屠殺)・薬剤化粧品・運送・金融など、各業種により基本の認証手数料が異なりま す。

認証プロセス

1 Arrow 1

Email・ウェブサイト・ご紹介者を通じてご依頼ください。

2 Arrow 1

認定の項目に必要な調査項目・プロセス・料金等をご説明します。

3 Arrow 1

右記 『ここをクリック』 を押していただき、JMA証明依頼書をご記入の上、当法人にお申し込みください。

4 Arrow 1

該当商品・該当メニューに関する全ての資料を提出していただき、商品や製造過程など拝見します。

5 Arrow 1

該当商品・該当メニューの詳細な成分調査及び見積もり作成、現地調査の日程設定を行います。

6 Arrow 1

現地調査及びハラル指南・注意事項 。

7 Arrow 1

ジャパン・ムスリム・アクセス検査員による最終検査と評価

8 Arrow 1

契約書記名押印・認証費納入

9 Arrow 1

ハラル認証証明書 発行

今すぐ申し込む ここをクリック

認証取得

認証取得 の4つのポイント:

ポイント1

ハラルのことを知っているお客様は、ハラルロゴ付きの商品やメニューを安心して手に取っていただけます。

ポイント2

豚肉・アルコール・動物由来の材料を扱っていない商品やメニューのハラル認証を取得することは比較的簡単です。

ポイント3

ハラームな材料が入っている商品やメニューも、ハラルの代用品を使用することで、ハラル商品・メニューにすることができます。

ポイント4

「ハラル」は健康志向!
人間に悪いものを取り入れないということがハラルの教え。ハラル食はまさに健康食です。

個人情報保護方針

貴社の機密情報の扱いについて

私たちは、以下の事項を厳守することを、ここに誓います 。

  1. 業務上知り得た、技術および営業に関する秘密情報に関して、会社の許可なく発表、公開、漏洩、利用しないこと。
  2. 私共が会社を退職した後も、勤務中と同様に、業務上知り得た技術および営業に関する秘密情報を会社の許可無く発表、公開、漏洩、利用しないこと。
  3. 個人情報は細心の注意を払い、個人情報保護法の規定の範囲を超えた利用をしないこと 。